車が故障してしまったら…

車が故障してしまった時や、バッテリー上がり、燃料切れ、冷却水が切れた等の緊急トラブルが起きてしまった場合には、落ち着いて以下の措置をとりましょう。

1 車を駐車させる

車の故障や緊急のトラブルが起きてしまった場合には、移動が可能であれば交通の妨げにならない場所に駐車させましょう。まずは、他の車の妨害にならないような措置をとらなければなりません。その後はすみやかに修理や補給、救援連絡をします。

  • 【注意:車が水没した場合】
    水没車両は基本的に触らない事が望ましいです。(特にハイブリッド車は感電する怖れがあります)また、むやみにエンジンをかけようとしないでください。こちらは車輌火災を引き起こす原因の一つです。これらは整備士、または整備士有資格者のレッカー業者にお任せ下さい。

2 故障車が駐車していることを知らせる

道路上に故障等でやむを得ず一時駐車する場合は、非常点滅表示灯(ハザードランプ)をつけるか、停止表示器材を置く等、他の車に停止していることが分かるようにしなければなりません。昼間の一般道で駐車する場合にも、停止表示器材を置く、またはトランクをあける等、駐車していることがわかるように表示しましょう。

3 高速道路の場合

高速道路でやむを得ず駐車する場合、時間帯に応じて昼間用又は夜間用の停止表示器材を車の後方に置かなければなりません。

  • 夜間の場合は、非常点滅表示灯、駐車灯又は尾灯を点灯させる。
  • 停止表示器材を置く時には、発炎筒で合図をするなどして後続車に注意。

4 故障車両を放置しない

道路に故障車両を放置することは、追突事故などの原因となり大変危険です。停止表示器材を置く等の一次措置を終えたら、すぐに修理業者やロードサービス等に連絡して、すみやかに道路外へ移動させましょう。

【カーレスキュー沼津】は365日24時間受付のロードサービスです。お車やバイクの事故・故障・その他緊急トラブルでお困りの場合は、お気軽にご連絡ください。国家整備士を取得した弊社のレスキュー隊員が、適切なアドバイスを含めて対応致します。

《対応エリア》
静岡県沼津市・三島市・清水町・長泉町・裾野市・御殿場市・小山町・函南町・熱海市・伊東市・伊豆の国市・伊豆市・富士市・富士宮市・清水区蒲原

※エリア外であっても対応可能な場合があります。一度お問い合わせください。
(原則は静岡県東部になります)